Artist Statement and About Art work:


Magical Butterfly


In 2007, I got inspired by Butterfly when I was in my hometown in Japan, and decided to start creating butterfly art named “Magical Butterfly” influenced by beauty and life of nature, with message to save them. 

I create 3D mixed media Butterfly Installation by my original method of making them.

I was attracted to the beauty of butterfly wings. During the creation process, developed my own way of making the wings. Each butterfly piece has unique design, color and patterns from my imagination. Inspirations came from my dance background and passion for music. I have tried to infuse the work with the rhythms and flavors of different musical styles including: Jazz, Blues, Funk, Latin, Afrobeat, Afro Cuban, Latin Jazz, Mambo, Salsa, Dixieland, New Orleans Jazz, Big Bands with a touch of Carnival, Mardi Gra, Circus and Cabaret. For every unique musical sound, rhythm and style, there are as many varieties of butterfly, all uniquely beautiful and equally fragile,  dancing midair in vibrant living color. Just as instruments of varying timbre, pitch and tone are combined to make music, butterflies of varying pattern, shape and color were combined to create a story in my art work. The story is life. 


I would be happy if viewers could feel the beauty, strength, power and sprit of butterflies, and excitement through the rhythm and beat of the work. And Butterflies live a very short life but they live it fully and beautifully in harmony with the earth, the way nature intended. I probably make them telling myself not stop looking up and moving forward, and fly freely forever.



by Yuko  Ueno



Photo by Tokio Kuniyoshi
    



Magical Butterfly



マジカルバタフライ。それは、美しさ、繊細さ、儚さ、優しさ、そして、力強さ、たくましさ、すべてを包み込む大きな力と愛を持つ。どんなことがあっても飛ぶことを止めない。常に前へ向かって、上へ向かって、飛んで行く。 命のある限り。 宇宙の一部として自分の使命を生き抜く。

そして、すべてのものを自分が飛ぶ風に変えていける力。

無限の可能性を広げ続け、羽を閉じることはない。

マジカルバタフライは、夢を散りばめながら空を飛ぶ。







Artist Statement and About Art work:



2007年、日本帰国時に地元で蝶との出会いがあり、それを境に森林保護、自然の美と命をテーマにした”Magical Butterfly” マジカル・バタフライをスタートし蝶を創作し始める。 独自の製法でミックスメディアの材料を使い立体で出来た無数の蝶のインスタレーションを創作している。


制作を進めて行く過程で、チョウの羽の色や模様の美しさの虜になり作風が進化していく。実際には存在しない架空のチョウを創るため、一つ一つ、色と模様は自分の想像からオリジナルにクリエイトしている。ダンス経験と音楽への情熱、カーニバルの華やかさから生まれたもので、音楽ではJazz、Latin, Afro-beatを中心に、特にアフロ・キューバン、ラテンジャズ、マンボ、サルサ、ディキシーランド、ニューオリンズ・ジャズ、ビッグバンドなどからインスパイヤーされている。そしてカーニバル、マディグラ、サーカス、キャバレーなどの要素も入る。羽の模様の中に、音楽のリズム、メロディ、シンコペーション、スウィング、人間の喜怒哀楽 、そして始まりと終わりを映し出している。いろいろな楽器の音色を聞いている時のように。音楽やパフォーマンスのように、一つの作品の中にストーリーを創り出すことが出来たらと思う。たくさんの感情とみんなの夢を抱きながら飛ぶチョウになればと思う。見る人たちが、作品に広がるリズムやビートを感じてワクワク、ドキドキしてくれたら嬉しい。それと同時に、チョウのはかない命から湧き出る、情熱と美しさ、そして力強さとたくましさを伝えられたらと思う。私自身、前へ進み続けて自由に飛んでいくことをいつまでもやめないように、蝶を創り続けているのかもしれない。




by 上野優子



                                                                               (c) copyright 2009 Yukoueno All Rights Reserved


 
 
  Site Map